敷島通信

敬神尊皇 七生報國 非理法権天

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駐名古屋シナ総領事館による国有地・名城住宅跡地を取得、移転を断固徹底阻止!!!

強盗組織・シナ共産党による対日侵略工作阻止!
駐名古屋シナ総領事館による国有地・名城住宅跡地を取得、移転を断固徹底阻止!!!



(反対意見要請先)

・東海財務局052-951-2782 (シナ共産党・対日侵略工作・取り扱い組織)

・財務省・理財局・国有財産審理室03-3581-4111

・野田佳彦財務大臣・東京事務所03-3508-7141

・外務省・大臣官房・儀典官室03-3580-3311(メールの方が意見が残り、効果があるとのことhttps://www3.mofa.go.jp/mofaj/mail/qa.html

・前原誠司外務大臣・東京事務所03-3508-7171

-----------------------------------------------------
頑張れ日本!全国行動委員会愛知県本部さん、反対署名用紙
http://www.tokai-denso.com//ganbare/syomei.pdf
-----------------------------------------------------
(wiki)名古屋中国総領事館の国家公務員宿舎跡地移転問題
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%8D%E5%8F%A4%E5%B1%8B%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E7%B7%8F%E9%A0%98%E4%BA%8B%E9%A4%A8%E3%81%AE%E5%9B%BD%E5%AE%B6%E5%85%AC%E5%8B%99%E5%93%A1%E5%AE%BF%E8%88%8E%E8%B7%A1%E5%9C%B0%E7%A7%BB%E8%BB%A2%E5%95%8F%E9%A1%8C
-----------------------------------------------------
支那共産党・駐名古屋支那総領事館による国有地・名城住宅跡地取得移転問題
http://hirihoukenten.iza.ne.jp/blog/tag/3931069/
-----------------------------------------------------
スポンサーサイト
*CommentList

義挙!尖閣義士断固支持!第四管区海上保安本部前(敷島通信22/11/11)



平成22年11月11日 敷島通信 
名古屋 海上保安庁・第四管区海上保安本部前

尖閣ビデオ開示の義挙を断固徹底支持!!!

文書二通を第四管区海上保安本部職員に手交した。

第四管区海上保安本部
〒455-0032 名古屋市港区入船2-3-12

----------------------------------------

 今般、海上保安庁 第五管区海上保安本部 海上保安官の義挙により、支那共産党対日侵略工作船による日本国海上保安庁巡視船に対する海上攻撃行動のビデオが広く一般に開示されたことに対して断固徹底支持申し上げます。

 罪に問われなければならないのは、日本国尖閣諸島領海内で日本国海上保安庁巡視船に海上攻撃を断行した支那共産党対日侵略工作船長であり、そしてこの尖閣ビデオを一般に隠蔽し続け、一般に全編開示を拒否し続け、事実上、支那共産党による対日侵略工作を幇助している官邸であり、支那共産党対日侵略工作船長が、巡視船に明らかに故意に追突したにも関わらず、これを「巡視船みずきの追跡を免れるためとっさにとった行為と認められると過失により追突したとの虚偽の言説を弄し、これを釈放理由の一つにあげ、支那共産­党対日侵略工作船長釈放を決定した那覇地検、そしてこの釈放を謀議した最高検、福岡高検、これら検察に釈放を命令したと推測される官邸らが組織的な犯人隠避の罪に問われるてしかるべきであると認識致します。

日本国、日本民族のために尖閣ビデオを開示して頂いた海上保安官、尖閣義士を断固徹底­支持申し上げます。

皇紀2670年11月11日


海上保安庁     長官 鈴木久泰 殿

---------------------------------------

 皇御國、日本民族のために尖閣ビデオを広く開示された義挙を断固徹底支持申し上げます。義挙に深く感謝申し上げ敬意を表します。

皇紀2670年11月11日

海上保安庁 第五管区海上保安本部     義挙海上保安官 尖閣義士 殿

---------------------------------------

タグ:
敷島通信 非理法権天 名古屋港 海上保安庁 第四管区 第五管区 海上保安本部 海上保安官 巡視船 みずき よなくに 衝突 断固 徹底 支持 sengoku38 一色正春 憂国 義挙 義士 愛国 護国 殉国 尖閣諸島 尖閣 魚釣島 ビデオ 尖閣ビデオ 売国 亡国 仙谷 菅直人 国賊 売国奴 民主党 支那 シナ 中国 虐殺 拷問 民族浄化 覇権膨張 軍拡 侵略 核 ミサイル 工作船 領海 侵犯

駐名古屋シナ総領事館移転阻止!東海財務局前



平成22年10月20日 敷島通信 名古屋市中区 財務省・東海財務局前

支那共産党・対日侵略工作・取り扱い行政組織・東海財務局
052-951-2782

駐名古屋シナ総領事館に国有地・名城住宅跡地を売却しないように東海財務局前で訴えた。

----------------------------------
(反対意見要請先)
・東海財務局052-951-2782
・財務省・理財局・国有財産審理室03-3581-4111
・野田佳彦財務大臣・東京事務所03-3508-7141
・外務省・大臣官房・儀典官室03-3580-3311(メールの方が意見が残り、効果があるとのことhttps://www3.mofa.go.jp/mofaj/mail/qa.html
・前原誠司外務大臣・東京事務所03-3508-7171
---------------------------------
頑張れ日本!全国行動委員会愛知県本部さん、反対署名用紙
http://www.tokai-denso.com//ganbare/syomei.pdf
---------------------------------

下記、意見書を東海財務局職員7名宛てにそれぞれ提出した。(平成22年8月31日4時35分頃 東海財務局内にて手交)

東海財務局  局長 坂本正喜
東海財務局  管財部長 林 收 
東海財務局  管財部次長 山内不二雄
東海財務局  管財部次長 北条純人
東海財務局 国有財産調整官 小西 真
東海財務局 国有財産専門官 鈴木 茂
東海財務局 国有財産管理官 三輪 浩史

管財部長 林收氏 以下、6名が9月末までにシナ共産党に国有地を売却するか否かを意思決定する。(国有財産専門官 鈴木茂氏談)←今この状態のまま

計6名で審査。9月末まで6名で審査。←(今この状態のまま))     
  ↓
東海財務局長(坂本正喜)の決済。     
  ↓
東海財務局の方向性を示す。     
  ↓
審議会に諮問。約一ヶ月。     
  ↓
審議会開催で処理方針が妥当であれば、答申がなされる。     
  ↓
答申が東海財務局長(坂本正喜)に戻る。     
  ↓
東海財務局長(坂本正喜)が決定。(ほぼ答申どおりが通例、あるいは条件が付く)

答申が二回に渡るケースもある。条件的に検討の余地あるときは継続審議になる。その時はまた整備して開催。

現在の審議会のメンバーの任命は、前東海財務局長・山崎攘一(現・近畿財務局長)
現東海財務局長・坂本正喜は前財務省大臣官房参事官。     
  ↓
東海財務局長決済されて開示。(この時に始めてどこが取得するかが分る)」

------------------------------

東海財務局に反対意見書!シナ共産党による国有地(3000坪)取得行為に
http://hirihoukenten.iza.ne.jp/blog/entry/1772449/


             皇紀2670年(平成22年)8月30日

東海財務局 〇〇〇〇殿
                    〇〇〇〇

支那(中国)共産党・駐名古屋支那(中国)総領事館による国有地・名城住宅跡地取得行為に対しての反対意見書


 今般、支那(中国)共産党・駐名古屋支那(中国)総領事館が、国有地である名城住宅跡地南側約3000坪を購入したい旨の要望を東海財務局に申し出たことは、駐名古屋支那(中国)総領事館の女性職員の発言(平成22年8月25日10:12 駐名古屋シナ総領事館052-932-1098に電話)により口頭にて確認した。当該事案について、駐名古屋支那(中国)総領事館女性職員によると、中日新聞(平成22年5月30日・朝刊・中日新聞)の報道のとおりであるとのことであった。

 東海財務局が、駐名古屋支那(中国)総領事館に国有地・名城住宅跡地を売却することに断固徹底反対する。

 以下にその理由を申し述べる。

 駐名古屋支那(中国)総領事館の上部組織、支那(中国)共産党は、虐殺、拷問、民族浄化をチベット、新疆ウイグル自治区(東トルキスタン)、南モンゴルに過去行ってきた、また現在も行っていることは周知の事実である。

 チベット、新疆ウイグル自治区(東トルキスタン)、南モンゴルに対して人口侵略を行い現在では、同地のその半数が漢民族となり、同族同士の結婚の抑制や同族同士の胎児の強制堕胎などを行い、まさに支那(中国)共産党は民族浄化を断行している。

 ウイグル民族の若い女性は、支那(中国)内地に強制連行され、工場で働かされ、夜な夜な工場長などに陵辱されているとも伝えられ、民族浄化のため漢民族と結婚させられている。法輪功学習者には卑劣な弾圧、拷問、死刑を加え、収容所に放り込み、内臓を強制摘出し死に至らしめこれを売却し利潤を上げている。

 支那(中国)共産党の海洋戦略では、いわゆる支那(中国)共産党のいう第一列島線(南西諸島、沖縄諸島、台湾、フィリピン)を東に突破しようと画策しているのは周知の事実である。

 本年4月には過去最大規模で、支那(中国)共産党・人民解放軍艦艇10隻(潜水艦2隻を含む)が、沖縄と宮古島の間を南下し、沖ノ鳥島方面に向かい、沖の鳥島を二回周回し(二回周回は過去始めて)、日本の自衛隊・護衛艦に対して、支那(中国)共産党・人民解放軍哨戒ヘリは近接飛行(約90m)を行い、自衛隊・哨戒機に対して支那(中国)共産党・人民解放軍艦船は、ロックオンを行うという、あからさまな軍事的示威行動、軍事的威嚇行動を断行した。

 支那(中国)共産党・人民解放軍はいわゆる第二列島線(グアム島より西)までを自らの制海権にしようと画策し、原子力空母を2020年までに2隻(一説には6隻)保有しようとし、着々と軍拡を進め、覇権膨張主義を断行し、領土拡張計画、制海権拡張計画を実行しようとしていることは明白である。

 いわゆる第二列島線までを支那(中国)共産党に押さえられると、日本列島の太平洋側沿岸部東京からグアム、沖ノ鳥島、南西諸島、沖縄諸島、尖閣諸島の領海、排他的経済水域(EEZ)という広大な面積が、支那(中国)共産党の支配下になり、日本の安全保障、国防上大変な問題が生じることは明白である。グアム島射程のミサイルを製造するとの報道が最近あったことは更に急進的に西太平洋の制海権を簒奪しようとしている意図が見える。また日本の主要都市に照準を合わせた核ミサイル25基ほどを配備していることは許せないことである。

 来年6月17日には、日本国領土・尖閣諸島・魚釣島(沖縄県)に民間船100隻を以って、上陸しようと画策していると国民新聞の号外(頑張れ日本!全国行動委員会の責任編集)に記されている。

 これは何も今始まった支那(中国)共産党による日本国に対しての領土簒奪行動ではなく、支那(中国)共産党は1970年、日本国領土・尖閣諸島海域に地下資源が存在することを認知するや自国の領土と主張しだし、それからは日本国に揺さぶり、工作を仕掛けてきていることは周知の事実である。

 また南シナ海の南沙諸島・西沙諸島で、支那(中国)共産党は領土的野望と制海権の確保と増大に邁進し、南シナ海での軍事的示威行動、軍事的威嚇行動を実行し、更に権益を増大せんと画策し、遂には米国も南シナ海沿岸国と共闘し、支那(中国)共産党に対峙せざるを得なくなっている。

 更に最近になって、支那(中国)の歴史学者が公然と沖縄を返せと発言しているし、この発言が歴史学者の趨勢を占めるという。これは沖縄が、過去、支那(中国)に朝貢していたことがあったから自らの領土であるという見解に基づいて述べているのであろうが、到底容認できるものではない。

 支那(中国)共産党は、自らに都合の悪い発言は言論封殺し、民主化を叫ぶ知識人を10年ほどの懲役刑に処する統治手法から、この沖縄を自国の領土という発言を野放しにするということは、支那(中国)共産党は沖縄をも自らの領土の範疇に潜在的に日常的に組み入れていることを証明することになる。

 日本国内に目を移せば、日々、支那(中国)人が増加の一途を辿り、この10年間で倍増し、在日外国人では一番多い存在になった。犯罪も支那(中国)による犯罪数が一番多く、中には殺人、強盗殺人などの凶悪犯罪も多く散見し、過去では福岡一家4人殺害事件、支那(中国)留学生が、大分県在住のその支那(中国)留学生の日本人保証人宅に押し入り夫婦共々殺害などなど、そのモラルのなさ、遵法精神の欠損、抗日反日体質を顕著に体現している。

 支那(中国)のお家芸である人口圧による、他国・他地域を自然と支那(中国)化して、事実上侵略を完遂するという支那(中国)の伝統的手法に晒されているのが現在の日本国である。

 平成22年7月1日、支那(中国)共産党は国防動員法を施行し、内外の支那(中国)人に有事の際の徴兵、動員を掛けれる法律を施行した。奇しくも同日、日本国では国土交通省外局・観光庁が、支那(中国)人に対するビザの大幅緩和を行った。

 そして、ここで、この名古屋では、支那(中国)共産党下部組織・駐名古屋支那(中国)総領事館が、名古屋市役所から北に400メートル、国有地・名城住宅跡地、約3000坪を買いに来ているという現実がある。

 これは、世界、東アジア、日本近隣諸国・地域、日本近隣海域、日本国領海、日本国排他的経済水域(EEZ)、日本国内に於いての支那(中国)共産党の動きは全て連動していると考えられる。支那(中国)共産党の軍事的脅威を背景にした覇権膨張主義に則った世界的戦略という大きなプログラムに添った一連の動きの中の一つに、今般の支那(中国)共産党・駐名古屋支那(中国)総領事館による大規模土地取得行為が存在すると認識する。

 よって、支那(中国)共産党・駐名古屋支那(中国)総領事館による、この国有地・名城住宅跡地約3000坪取得要望は、主権の存する日本国として総合的にして英邁な判断が要求されることは論を待つまでもない。

 また、日本国の名古屋という一地域という見解からも、大変問題が存在する。

 まず、当該国有地・名城住宅跡地が名古屋の官庁街から近いということである。名古屋市役所から北へ400メートルという近接地、更に名古屋の顔でもある名古屋城にも近接している場所に支那(中国)共産党の施設が出現することに強烈な違和感と嫌悪感を感じる。

 当該国有地・名城住宅跡地は、北東から南西に過去、御用水があった(名古屋市教育委員会・文化財保護室の見解)とも言われ、これをして西側を城内(御深井御庭 おふけおにわ)としたとのことで、これが事実なら、当該土地取得で支那(中国)共産党は、一部旧名古屋城内に存在することになる。

 日本の主権が完全には及ばない土地が旧名古屋城内に現出することに極めて深い違和感、嫌悪感を感じることは日本民族万民の思うところと推測する。

 支那(中国)共産党・駐名古屋支那(中国)総領事館が取得しようと要望している当該土地の面積(約3000坪)にも異常性を感じる。

 100メートル×100メートルという広大な土地が、愛知県庁や名古屋市役所と同等の面積の土地が、何故必要なのかを考察すると、一種の軍事的拠点、支那(中国)共産党の日本国内における大規模公然拠点としての役割があるのではないかと推測する。

 普段、現在の駐名古屋支那(中国)総領事館には支那(中国)人はさほど訪れていないにもかかわらず、何用にこの様な広大な土地が必要かは、何らかの意図なしには考えられないが、考えられるのは、覇権膨張主義、中華思想に基づいた、上から力で押さえ付けるという手法を日本で断行する一つの行為であるとも感じ、いわゆる日本国侵略公然拠点としての位置付けなら、この広大な面積の土地取得行為も納得で来るし、更に広大な面積の土地でも有り得るのだろうと推測する。

 また、在外公館には建築基準法が適用されないので、仮に駐名古屋支那(中国)総領事館が当該土地取得したならば、如何なる高さ、如何なる様態の建物でも建てられるという事実が存在する。支那(中国)共産党の性質から、いけると見るや、臆面もなく上から力で押さえ付けるということは当たり前なことであるから、建築基準法無視の高層ビルの建設等々なども憂慮される。

 日本国民に対する心理面でも、広大な土地に駐名古屋支那(中国)総領事館が出現することは、圧迫感、畏怖感、名古屋を支那(中国)共産党が一部統治しているという認識を与えることに充分な心理的作用がもたらされると推測する。建物と敷地の広大さを視覚から脳内で認識し、日本国民が知らず知らずのうちに支那(中国)共産党の力と、またそれが当たり前と思うという心理的作用は日本国にとっては極めて好ましくないことは言うまでもない。

 日に日の増える支那(中国)人と、それら自国民を保護し、統治、支配する支那(中国)共産党の広大な施設とのコラボレーションの出現、相乗効果は、日本国、日本民族にとって脅威であるし悪夢以外の何ものでもない。

 1949年、銃口から発生した支那(中国)共産党により建国された中華人民共和国。嘘と暴力による統治手法、その体質は何ら現在も変わることなく、そのまま、現在、軍事的拡張と経済的膨張、大量に存在する支那(中国)人民の人口圧により、周辺国、周辺地域、世界で猛威を振るっている悪魔的現実に私達現代に生きる日本民族は、現代だけして、刹那的に意思決定していくことは決して許されず、当然、過去の日本国、日本民族の先人のご苦労を背負い、更に未来の日本国、日本民族を背負っていることは言うまでもない。

 ただ単に国有地を売り、金銭を受領すればよいという視点ではなく、日本国の安全保障、国防、日本国の主権、日本民族の民族自決をこの国有地・名城住宅跡地売却の意思決定に確実に考慮されなければならないことは当然である。

 支那(中国)共産党・駐名古屋支那(中国)総領事館に国有地・名城住宅跡地を売却することに断固徹底反対する。

(支那という用語について)
世界では、china等が標準として使用されている。英語でチャイナ、フランス語でラ・シーヌ、スペイン語でチナ、ドイツ語でキヌなどである。語源は秦である。よって、本書面では世界標準の語を引用した。日本が戦後ある時期から使用するに至った中国という語、世界の中心の国という中華思想を前面に出した支那(中国)迎合の語には、私見として不快感を覚える。

--------------------------------
・本件関連「シナ総領事館」
http://hirihoukenten.iza.ne.jp/blog/tag/3931069/
--------------------------------
支那呼称問題・「中華」「中国」は差別語、「支那」「シナ」が正しい・「支那」は世界­の共通語・【私の正名論】評論家の呉智英・「中華主義」と「華夷秩序」という差別文明­観を込めた「中国」を日本にだけ強要
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/32984527.html
--------------------------------
タグ:
敷島通信 名古屋 財務省 東海財務局 国有地 名城住宅跡地 移転 反対 シナ 中国 共産党 総領事館 領事館 虐殺 拷問 民族浄化 人口圧 人口侵略 軍拡 覇権膨張主義 核 ミサイル 制海権 侵略 東海財務局長 坂本正喜 管財部長 林收 管財部次長 山内不二雄 北条純人 国有財産調整官 小西真 専門官 鈴木茂 管理官 三輪浩史

駐名古屋シナ総領事館移転反対呼びかけ!名城住宅跡地付近

シナ共産党・漁業監視船による尖閣諸島近海示威的航行に抗議!

ご案内

プロフィール

敷島通信

Author:敷島通信
youtube: dainipponkoukoku fujisansantyou

皇御國弥栄

備(そな)えとは 艦(かん)と砲(ほう)との謂(いひ)ならず 吾(わ)が敷島の 大和魂 
(吉田松陰先生書簡)


親思う 心にまさる親心 けふのおとずれ 何ときくらん

身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂

(吉田松陰先生 辞世の句)


我今為国死 死不背君親 悠々天地事 鑑照在明神
(我いま国の為に死す 死して君親に背かず 悠々天地の事 鑑照明神に在り)

(吉田松陰先生 絶命の詩)


1859年(安政6年)、幕府は安政の大獄により長州藩に松陰先生の江戸送致を命令する。松陰先生は老中暗殺計画を自供して自らの思想を語り、同年、江戸伝馬町の獄において斬首刑に処される、享年30 (満29歳没)。獄中にて遺書として門弟達に向けて「留魂録」を 書き残す。

松陰先生は「天下は一人の天下」と主張。「一人の天下」という事 は、国家は 天皇様が支配するものという意味であり、 天皇様の下に万民は平等になる。

-----------------------

佐倉惣五郎(さくらそうごろう)

徳川4代将軍家綱の時代、今の千葉県の領主堀田正信の悪政で、領内389ヵ村の百姓が、ひどい税金を取られて、飢え死にしたり、夜逃げしたりして苦しんでいた。

これを見かねて、名手総代の佐倉惣五郎は、徳川家綱将軍が上野の東照宮への参詣を待ち受け、これを直訴したため、領主の堀田正信は、将軍に叱責された。

この挙により領主は税金を緩めたので、百姓は助かった。

しかし42歳の佐倉惣五郎一家は、妻、長男(11歳)、二男(9歳)、三男(6歳)、四男(3歳)の6名とも、後手に縛られ、裸馬に乗せられて引き回された。

惣五郎夫妻は張りつけ台に縛られ、4人の子供は父母の眼下に据えられた。

一番先に、長男が「お父様、お母様、宗平は先に参ります」と凛とした最後の言葉を残し、次々に四人の子が首を刎ねられた。

惣五郎、妻の二人は槍で突かれ息絶えた。承応二年八月四日

(辞世の句)

弓張りの  月は端山(はやま)に 影落ちて  茨(いばら)の里の 霜と消え行く

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。